サーバーまわりのこと

クラシックダンジョンX2攻略:おすすめ魔装陣

今更ですが、クラシックダンジョンX2をやる機会があったので、
おすすめの魔装陣なぞを攻略してみます。

基本的には、各職業の最後に覚える魔装陣がいいです。
レベル50〜60で覚えるやつ。

おすすめ魔装陣

基本的な考え方としては、総マナ量が多いほうがいいわけです。

なので、キャラが多く配置出来るものがおすすめ。
または、マナ○○倍のマスがあるものなど。

HPとSPは、転職を繰り返せばおのずとカンストするので無視。

▼魔術師「かみをこえしもの」

前作から最強の魔装陣と言われているのがこれ。

体力が回復しないのだけ気をつければ、
ステータス的には余裕で1000超えられます。
要さとり、しんぴ。

もしくは、DEFだけ上げて、魔法のみでいくのもあり。

▼ガーディアン「コア」

使いにくくはあるものの、フルでキャラを配置できるのでレベル上げ向け。

マナ2倍マスのある先にDEFマスがあるので、DEFはかなり上げられる。

スピードは合体があれば補強可能。
技マスが1が一つ、2が二つという際どい仕様。
なので、「らいきり」か、「せいしんづき」がいいかな?

あとに紹介するガーディアンの「メガロ」の方がいいかも。

▼忍者「猿飛佐助」

覚醒を常時使用するのが前提となるが、マナ4倍マスがあって、
攻撃速度も上がるところが特徴。

技マスも123が三つあるので便利。
ATK、DEF、SPDマスが中心の、中盤向けの魔装陣かな。

▼商人「真おうじゃ」

意外と使えるのが「真おうじゃ」。
マナあげるで、一人にマナを集めることが可能。

前方のキャラに、かばう25%が4つある。サイドのキャラは誰かが倒れると、全員みちづれなので、かばうは使っておきたいところ。

うまくすれば、ATK、DEFともに1000突破できる。

技マスが、1のみ二つ設置しても差し支えない。
2,3,4は、二つ設置するとHP-20が発動してしまうので、
実質一つしかおけない。

▼セイント「天花」

序盤から中盤は、これが便利だと思う魔装陣。

各キャラにマナ2倍があり、技マスも123と、456が3マスづつ。
SPマスも豊富なので、序盤に有利。

ただし、後半の伸びしろが少ないので繋ぎかなと。

▼魔法剣士「闇のもうし子」

細々した合体アーティファクトが多い人におすすめ??
技の1と2をきっちり強化出来るのが特徴。

でもまぁ、微妙な魔装陣かもしれないがSPマスが多いので、
DEFのみを上げて、魔法で戦うのがいい?

▼戦士「カイザー」

マナ2倍で、ATK、DEFを容易に強化出来る。

が、SPDマスが一つも無いので、主役の職業を忍者にして、
ある程度、歩きと走りを稼いでおくことをおすすめする。

技マスは、1,2,3がそれぞれ2つずつ。
「らいきり」と、攻撃属性を変える魔法で運用するのが吉。

▼ガーディアン「メガロ」

コアを紹介したが、こっちの方が使い勝手は良い。
同じくレベルアップ用だが、コアは全てのキャラ配置マスに、
成長ブーストがあったが、メガロは少し減っている。

そのかわりステータス的に、より強化出来るようになった。

てか、こっちの方が強い?

▼呪術師「ダーク」

覚醒ありきの運用だが、覚醒マナが1000ずつ2キャラに与えられるのが特徴。

技マスも豊富できっちり強化が可能。
ただし、SPDマスが一つもないのが残念ポイントではある。

ATK、DEFともに1000突破が可能。

▼レンジャー「大地の王」

ゲートふっかつもあり、ぶんさんもあり、
かくせいもあり、マナ2倍もある器用な魔装陣。

キャラ配置マスには、全てにJob2が付いているうえ、
7キャラ置けてで、レベル上げにも使える。

意外や意外にこの魔装陣が、強いのかもしれない。

技マスが、1〜4までそれぞれ2マスづつなのが、
少しひっかかる程度。

総括

まずは、ガーディアンの「メガロ」か「コア」を覚えるのがいい。

っていうのも、キャラのレベル上げと、転職を繰り返して、
ステータスの底上げと、マナの総量を強化したいから。

ダンジョンを攻略したいのなら、魔術師の「かみをこえしもの」が手っ取り早い。

キャラが2人しか必要無いので、主役と脇役を交換しながらレベルを上げてけば、割りとすぐに強くなる。その2キャラだけは(汗)

どの技をもってけばいいのかは、別な記事に。

posted by ありす | Comment(1) | クラシックダンジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

クラシックダンジョンX2:前作のクラダンとの違いを比較。期待大!!

クラシックダンジョンX2は2011年3月24日に発売予定となっていますが、前作のクラダンとの違いって気になりますよね?

前作と比較してみて、どれだけ変わっているのか?を調べてまとめてみました。項目をいくつかに分けて紹介していきます。

○項目は、

アクション、装備品、魔装陣、職業。
ダンジョンについて。
おえかきエディット機能を大幅ボリュームアップ。
通信プレイ。
ゲーム全般について。

といった様に、分けています。

アクション、装備品、魔装陣、職業の変更と追加

何から話せばいいか迷ったので、箇条書きチックになることをお許しを。

▼技・まほうスロットが3つから、6つに変更。

どういう操作か分かりませんが、Aパターンのスロ3と、Bパターンのスロ3を、切り替えることで可能にしたみたい。

▼ジャンプする時に、しゃがまなくなった。

ジャンプ前にしゃがむ。ジャンプ後にしゃがむ。という動作がなくなり、タイムラグがなくなったそうです。

▼ジャンプ攻撃の追加。どうやら、叩属性になるらしい。

▼装備品の種類が増えた。例えば、「弓」など。

▼装備品の称号が同時に4つ付く。

▼装備品の数がボリュームアップ。

▼新しい職業が増えるそうです。例えば、「魔法剣士」「呪術師」等。

▼魔装陣が200個以上にボリュームアップ。

▼魔装陣を20個まで登録しておける。

しゅやくの魔装陣を変更すると、アーティファクトの配置がリセットされてましたが。保存しておくとどうやら、同じ魔装陣なら、しゅやくを変更しても適応可能らしい。

▼魔装陣に「かくせい」枠が存在するものがある。

かくせいは、ダンジョン内で使えるみたいです。かくせいすると、魔装陣上の「かくせい」枠に設置してあるアーティファクトが起動するというもの。
メリットはたぶん、かくせい枠のアーティファクトは、マナを使わないんじゃないかと。

▼アーティファクトに、「SP借金」が新しく追加。

これは、ダンジョン内でSPが0になっていても、技・まほうを使えるというもの。SP借金が300あれば、−300になるまでSPを消費出来るという。

メリット:
SP借金は、0まではSPが自動で回復する。
最大SPの1/3〜3倍までの借金が、アーティファクト次第で可能。

デメリット:
消費SPが多くなる。
SPがマイナスのときは、走れない。

つまり、走れなくなるが、SPが尽きてなかなか回復を引けない時でも、技・まほうが使え、0までは回復するので時間をかければ、回復魔法とか使いたい放題というもの。

▼ワイドよりもレアなアーティファクトが存在する。

具体的な発表はまだありませんが、ワイドなんてどうでもよくなるぐらいの性能らしいです。公式ブログ談。

ダンジョンの変更について。

▼前作では、体験版にて導入が確認されたランジョンが、もともと導入済み。

▼ダンジョン内の、罠や敵の攻撃パターンなどに、新ギミックを追加。

詳細は、公式サイトのムービーを見ると一部確認可能→クラシックダンジョンX2公式サイト

▼ダンジョン内というか、どこでもポーズ(一時停止)が可能になった。

スリープモードに突入したときも、自動でポーズしてくれるらしい。これは、ポータブルゲームとしては嬉しい機能。

おえかきエディット機能を大幅ボリュームアップ

▼MMLで作曲が出来るようになった。5曲まで保存可能。

MMLについては、僕も詳しくないのでクラダンX2を手にしてからですね。比較的簡単に作曲できるのかな?

▼ドット絵がシャープになり、黒フチ処理が出来る。

黒フチをすると、シャープになったドット絵がさらに、はっきりくっきりしる感じです。オプションからON/OFFするみたい。

▼おえかきセーブデータに、ドット絵のサムネイルが埋め込まれる。

今作からは手動でpngを編集する必要がなくなった。おえかきデータをロードするときに、セーブデータを選んだと思いますが、そのとき確か、どれがどのキャラ絵か判断しにくかったんで、嬉しい機能です。

▼武器、よろい、たて、もドット絵で作成可能なものがある。

なんか、全部の武器じゃないっぽい。武器に、おえかき可能的な属性がついてるモノを変更できる感じ??

▼キャラメイクにて、ダウン時、移動中等の、もっとも細かく表情を変えられる様に編集可能。

編集可能といっても、自分で作らなければならないので、根気は必要かもしれない罠。

▼キャラメイクにて、羽や火の玉といった、シューティングゲームの様にオプションを付けることが可能になった。もちろん、おえかき出来る。

▼キャラメイクのテンプレートが20種類用意されている。ドット絵初心者への配慮かな?

通信プレイの変更

▼前作であった、通信プレイでいくつかのダンジョンに一緒に潜れる機能の廃止。

確かに前作、同期もうまくとれてなかったし、プレイするほど大変でもなかったし。対戦もしょっちゅうやるわけじゃなかったから、いいんじゃないかな。背景にはデバッグの難しさが絡んでいるらしいけど(汗)

▼酒場通信で、相手とお絵かきデータ、自作曲、プレイ記録等が交換可能に。

1つずつじゃなくて、酒場データに各種データが含まれてるという感じ??酒場データを交換すれば、相手の全てのデータがもらえるのかな?

▼酒場通信で、作ったキャラの相関図を交換できる。

キャラメイクの項だったかもしれないけど、作ったキャラの相関図を設定出来るみたいですよ?(笑)

ゲーム全般について。

▼UMD版に、メモリースティックインストール機能を付けた。

ダウンロード版よりも、ロード時間が長かったのが解消されますね。使う要領は71MBらしいです。なお、ダウンロード版にもインストールという項目が存在するんですが、DL版の場合はしない方が早いとのこと。

▼UMD版、DL版ともに、前作よりも価格が安い。

前作よりもおおよそ1000円ぐらい安いです。実際の価格は以下のリンクより確認を↓↓

【送料無料】PSPソフト クラシックダンジョンX2

Amazonはこちら→クラシックダンジョン X2
Yahoo!ショッピング送料無料はこちら→クラシックダンジョンX2

ダウンロード版は、一律3000円でPlayStation Storeからダウンロード可能になります。

posted by ありす | クラシックダンジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

クラシックダンジョンX2:クラダン続編の発売日と予約

クラシックダンジョンの続編の発売が決定しました。

クラシックダンジョンX2として、2011年3月24日に発売予定です。
すでに通販サイトでは予約が開始されています↓↓

【送料無料】PSPソフト クラシックダンジョンX2

Amazonはこちら→クラシックダンジョン X2
Yahoo!ショッピング送料無料はこちら→クラシックダンジョンX2

ダウンロード版も配信予定

DL版の格は、3000円となっています。

ダウンロード版の要領は、371MBらしいです。
UMD版もインストールが可能となっており、この場合は71MB使用します。

クラダンを作っているチーム「システムプリズマ」のブログに表記がありました→クラダンX2 容量、セーブ

▼メモリースティックの要領が足りない場合におすすめなのが、

ハイスピードモデルなので通常のものより、メモリースティックにデータを転送するスピードが早いのがメリットです。

特にダウンロード版を、PCからメモリースティックに転送するときに能力を発揮するんじゃないかと思います。

前作との違いなどを比較する記事はこちら→前作のクラダンとの違いを比較。期待大!!

クラシックダンジョンに初めて触れる人は、前作の体験版をプレイしたり、公式サイトを見ることをおすすめします。

posted by ありす | クラシックダンジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

クラシックダンジョンX2の体験版は出るの?

クラシックダンジョンの続編、クラシックダンジョンX2の体験版についての情報です。

ずばり、体験版の配布は恐らくありません(汗)

が、ちょっとまって!!

期待に反して、体験版が出ました!!(;´ρ`)→クラシックダンジョンX2 インフォメーション

下の記事は残しておきますが、前作の体験版が出るまでの流れの説明になります。

▼理由があります。

前作のクラシックダンジョンの体験版についての情報を知っていますか?

実は、製品版が発売された後に、体験版が出たんですよ。
クラダンの体験版は少し特殊で、

『製品版が発売→ユーザーからの意見を募集→追加機能を加えた体験版を配布』

という流れを組みました。

体験版は、初めてクラダンを知ったプレイヤーは、制限付きでプレイ可能。製品版を持っている方に付いては、「追加機能」の部分をプレイ可能になるという。

前作の主な追加機能は、「ランジョン」というシステムだったんですけど。この様に、製品版が出てから、体験版が配布されるという事が考えられます。

▼今作、UMD版は3980円ですが、通販サイトでは、3300円程度まで割引き価格で予約可能となっています。

【送料無料】PSPソフト クラシックダンジョンX2

Amazonはこちら→クラシックダンジョン X2
Yahoo!ショッピング送料無料はこちら→クラシックダンジョンX2

また、DL版については3000円と、かなり価格が抑えられています。
ので、値段分の価値はあると思うんですね。

前作を購入するよりは、この作品からプレイした方がお得だと思います。

posted by ありす | クラシックダンジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

PSPやり込み系ゲームのクラシックダンジョン体験版公開!

クラシックダンジョンの体験版が、プレイステーションストアにて公開中です!

体験版は、10ステージをプレイすることが出来ます。
レベル上限は10まで。
転職、通信プレイ、ランジョン要素は遊べない。
キャラメイク出来るのは一人だけ。

といった制限がありますけど、10ステージ遊べるというのは、製品版をプレイした僕から見て、割とボリュームある方だと思います。

体験版では、スクリーンショットを撮れる機能も、CFWを使わずして再現しています。

スクリーンショット_0001

上の画面は、主役と脇役を配置する画面です。

キャラの周りに置いてあるのが、アーティファクトと呼ばれるアイテムで、ステータスをアップさせることが出来ます。レアアーティファクトなんてのも存在します。

スクリーンショット_0002

ダンジョンに潜ると、右上に脇役達が表示されます。それが、HPの代わりです。HPは脇役次第で、技や攻撃力・防御力なんかは主役依存です。ステータス強化がアーティファクトって感じです。

尚、製品版のデータをロードすると、追加コンテンツが開放されます。

追加コンテンツとはいずれも、製品版には存在しないもので。

・ニュージョン
・ニュージョン内で使用出来る必殺技
・高難易度のダンジョン

といったものです。
レベル10という上限もなくなります。

製品版を持ってると、もっと楽しめる体験版となっています。

ニュージョンは、製品版での99Fという上限を大幅に通り越した、99999Fまでダンジョンを潜っていける仕様になってるのもポイント。

また、その記録を保存してくれるので、自己ベスト更新なんかも出来ます。

PSPのやり込みゲームとしてオススメかも↓↓
(2010年4月10日現在、かなりのOFF価格!)

クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~

メーカー:日本一ソフトウェア
参考価格:¥5,229
価格:¥3,400
OFF : ¥1,829 (35%)
posted by ありす | Comment(0) | クラシックダンジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。