サーバーまわりのこと

討鬼伝 攻略:太刀の立ち回りとおすすめのミタマ&スキル

弓だとタイマンで大型鬼と戦う任務だと、なかなかキツイので、
サブの武器として太刀を使ってみました。

討鬼伝の中ではかなり使いやすい武器だと思います。

立ち回りは「迅」のミタマを使い、気力と回避に特化させたスキルでの、
ヒット&アウェイな感じがおすすめ。

慣れてきたら「空」のミタマで戦う方法にチェンジで。



スポンサーリンク

太刀での戦い方

・常に残心を使うってぐらい、残心状態で斬りかかる。
刻まれる刀傷は、5ヒットで黄色くなり、10ヒットで赤くなる。

当然、赤くなってから残心解放を行うほうがダメージは多いが、
気力がなくなる寸前にこちらがダウンしていると、解放が行われない。

その点だけ注意しながら、無理せず残心解放をすること。

・□+×の翻身斬もテンポを崩さず斬りかかるには重要。
また、無敵時間があるので回避にも、距離をとるにも使える優れもの。

気力を使うので、連続使用は避ける。

・□と△の強攻撃を混ぜて、連続攻撃を繰り出せる。
10ヒットで残心の刀傷が赤くなるので、10連以上のコンボは欲しい。

もっとも簡単なのは、

溜め斬り→追撃→□×4→翻身斬→□×4→残心解放

ただこれだと、攻撃力的にはあまり伸びないので、
△による強攻撃を織り交ぜたい。

・ということで、指南にもあった7連コンボを使うといい。

□□△□△□□□→翻身斬→以降ループ

・wikiでおすすめと書かれているコンボが、

□□△□△□△→翻身斬→以降ループ

・7連撃にもう3連撃あれば10ヒットになるので、

溜めゼロからの溜め斬り→追撃→7連コンボ→残心切り抜け解放

これでも10ヒットになる。(※同じ部位に全て当てるのは難しい)

おすすめミタマ

・序盤は、「攻」か「迅」のミタマならなんでもよい。
というのも、有用なスキルを覚えるものは後半でとれるため。

「梶原景時」が三章でとれて、中盤まで使える。

攻スタイルは、タマフリで気力回復が容易にできる。
迅スタイルは、気力使用量を全体的に減少してくれる。

・中盤は、四章でとれる「浦島太郎」がおすすめ。

スキルの白刃の閃きは、会心がでると鬼千切のゲージが、
多く上がるというもの。これと会心力上昇も覚える。

梶原景時も会心力上昇を覚える他、シャクシャインあたりも使える。

・後半になったら、「空」スタイルに切り替えるのがいい。

迅スタイルは基本的に、どの武器とも相性がよいので、
太刀特有の残心を強化していきたい。

(空)菅原道真、(空)ねね、(迅)桃太郎で、
縮地強化・快気x2、鬼千切皆伝x2、残心の達人、魂鎖がつく。

攻撃途中でも縮地がつかえ、縮地を使うと気力ゲージが回復する。

長く残心状態でいれる上に、回避も備えてるという点で、
普通の迅スタイルより太刀との相性がよいと言える。

おすすめスキル

・とにもかくにも、「残心の達人」をつけたい。
これは桃太郎か、宮本武蔵しか覚えないのでなかなかレア。

桃太郎は、特典だと思っている人もいるが、普通にとれるので安心しよう。

・太刀専用スキルが他にも、「練刃」と「翻る刃」の二種類ある。

練刃は、残心による刀傷が深くなるというもの。
翻る刃は、翻弄斬の無敵時間がのびる。

これらを覚えるミタマが、千葉周作と野見宿禰で絞られているので、
他のスキルを選ぶ余地がなくなるので使いにくくはある。

・残心中は気力が減り続けるので、あまりダウンさせられたくない。
という意味では、「空蝉強化・二段」などが対策になる。

・気力回復上昇があれば、残心で消費した気力をすばやく回復できる。
攻スタイルと合わせれば、残心中でもタマフリ構えで回復できる。

・会心力上昇を複数+闘士で、残心中でも気力回復が見込める。

・あとは他の武器と同じく、会心力上昇+白刃の閃き。
もしくは、鬼千切皆伝を複数つけるのをおすすめ。

スポンサーリンク

wikiにあったものだけれど、空スタイルの縮地を使った戦い方が、
一番しっくりきている( ̄ー ̄)

練刃特化にして、ヒット&アウェイ後の残心解放っていう、
抜刀斎スタイルもありかなと思う。



posted by ありす | Comment(0) | 討鬼伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。