サーバーまわりのこと

グランナイツヒストリーの感想やレビューと、システム紹介

グランナイツヒストリーをやり続けようやっと10時間ってところです。

なので、感想やレビューなどを書いてみます。

システム紹介記事へのリンク集は一番下に。

▼システム紹介へ飛ぶ▼

グランナイツヒストリーの感想、レビュー

ストーリー性はRPGゲームほどではありません。
ダンジョン探索ゲームみたいな感じでしょうか。

何かを探しに、クエストをこなしていくっていう。
で、大元のストーリーが絡んでいる。

▼敵をはそこそこ強いのもいるので、わたしはプレイ10時間の内に、
6回もゲームオーバーを体験しました(ーー;)

といっても、自国に戻らされるだけでほとんどお咎めなし。
所持金が若干減るんだったかな?

▼退屈なフィールドの移動がなく、サイコロを振らないスゴロク形式は、
なかなか良いシステムだと思いました。

ちゃんとエンカウントもありますしね。

▼戦闘においては、以下に素早く敵を一掃するかという点。
ボス戦における戦術という点。

この二つが、一番キモを握っています。

陣形しだいで、通常なら全員がダメージを喰らうところを、
二人までに抑えられたりと。

又、戦闘行動にAPを使うんですが、このAP管理も面白い。

特にボス戦だと、ぎりぎりの切迫した戦いを強いられます。

▼退屈な点は、通常クエストの数が多いのはいいんですが。

まぁキャラのレベルが上がっていくわけですよ。

敵が雑魚くなると、クエストをやってくのが面倒になります。

ただ、陣形を手に入れたり、訓練書や、お金が手に入るので無視できないんですが。

▼そこをどーにかしてやろうってのが、戦士を戦争へ送り出すシステムなんですが。

僕はまだやってません(ーー;)

見習いの期間は、訓練書でステータスブーストが出来るので、
うまいこと強いキャラを作れる可能性があります。

んで、見習い期間の終わったキャラは、戦争へ送り出す要員にできます。

通常のクエストや、ストーリーを進めるのにはもう使えなくなってしまいます。

が、通信や、自国の陣地を広げるのに一役かってくれるみたいです。

見習いを雇うと、もちろんレベル1からの育成なんで、
数の多いクエストもそのためにあるんじゃないかと。

意外と、装備や技を覚えされるのにお金も消費されますしね^^;

▼ゲームの難易度は、非常にうまく出来てると思います。

職業は3つしかないみたい?ですが、

職業ごとに、装備できる武器の種類がいくつかあって、
それにそった技を覚えます。

結構な数の技を覚えさせることが出来ますし、
範囲攻撃など覚えるとなかなか楽しいです。

グランナイツヒストリーを評価

評価という点では、やはり比較してみるのがいいと思います。

ダンボール戦機と、PSPo2iと同じぐらいの評価ですかね^^;

ゴッドイーター>モンハンP3>ダンボール戦機=PSPo2i

こんな感じ。

長く遊べるという点では、ゴッドイーターやモンハン、PSPo2iに劣るかもしれません。

が、選べる国が3つあるので、各国でクリアするとなると、
30〜60時間ぐらいかかるのではないでしょうか。

グランナイツヒストリーのシステム紹介

グランナイツヒストリーのシステム:すごろくマップでエンカウント

グランナイツヒストリーのシステム:戦闘シーン

グランナイツヒストリーのシステム:クエストとBrave(士気)

グランナイツヒストリーのシステム:職業と武器と技

グランナイツヒストリーのシステム:戦闘シーンに入るまでのラグ





posted by ありす | Comment(0) | グランナイツヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。