サーバーまわりのこと

PSP本体の海外版、アジア版、北米版って何が違うの?

PSP本体が軒並み売り切れの中、通販サイトなどでは海外版、アジア版、北米版、はたまた韓国版なんてものが購入可能となっております。

(売り切れになってしまった理由はこちら→2011年、PSPの在庫が軒並み売り切れてしまった訳。

これらの海外版のものは、一体国内版のPSP本体と何が違うのか?

▼大きな違いは2点で、「UMD VIDEO」が見れないこと。PSP用のワンセグチューナーが使えないことです。

(※追記→どうやら、PS SPOTからサービスが受けれないらしいです。)

サポートが受けられないということもありますが、まぁそこは普通に遊んでる分には、問題はないかと^^;

PSPで純粋なゲームソフトでしか遊ばねぇーよって人は、海外版を購入しても問題ないと思います。

購入先は楽天がいいのですが、どうも普通に検索するとひっかからないPSP本体がある模様。

それらも含めて、国内版、北米版ともにPSP本体の購入先をまとめた記事を用意しました→PSP本体の在庫あるよ。2011年1月、まだ購入できるよ。

以下、何故、UMD VIDEOが再生出来ないのか等を説明してます。
興味有る方はどうぞ↓↓

何故、UMD VIDEOが再生出来ないのか。

「UMD GAME」つまり、普通のゲームUMDの事ですが、これは普通に動作することが確認されています。

それは、ゲームにはリージョンが設定されていないことからなのですが。

▼海外版のPSP本体は、日本国内の「UMD VIDEO」や、「UMD MUSIC」が再生出来ません。

これは、リージョンの違いから来るものと思われます。リージョンとは、そのソフトが発売される主な地域を指し示すものです。

PSP本体にも再生可能なリージョンが設定されています。

例として、北米を挙げますが。北米版PSP本体では、リージョンの違うUMDを再生することが出来ません。

UMD VIDEO等には、リージョンが設定されてますので、この違いにより再生が出来なくなってしまうわけです。

逆に、日本版のPSP本体では、北米のUMD VIDEOを再生することは出来ません。

▼リージョンの存在意義については、販売元がある程度、地域ごとでの販売開始を制御するためみたいです。詳しくは、wikipediaを参考に→リージョンコードの項

ワンセグが使えないわけ

ワンセグは、携帯電話向けの地上デジタル放送です。

海外でもそういうのが、無いわけではありませんが、日本国内と海外とでは方式が違うため対応出来ないという訳です。





posted by ありす | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。