サーバーまわりのこと

ゴッドイーターをやってみて、モンハンと比較してみたり。

モンスターハンターシリーズは、モンハン3以外は、全てプレイしたことがあります。 そんな僕は、ゴッドイーターを一応、全クリ致しました。

あとはもう、やり込み要素的な部分へ突入してるのと、ダウンロードミッションが配信されていくそうなんで、そちらの攻略をしていくことになるでしょう。

で、モンハンのパクりとか若干騒がれたり、モンハンあるのにゴッドイーターまで買ってプレイする必要があるの?的な疑問に、お応えすべく軽く比較じみた意見を書きます。

難易度

「どちらが難しいか?」という疑問ですが、ここはモンハンに一票あがります。

何故なら、ゴッドイーターには仲間を連れていける機能があるから。

その仲間が、自キャラ戦闘不能時に「リンクエイド」と呼ばれる行動で復活させてくれます。

「オレは根っからのソロプレイヤーだっぜ!」みたいな人でない限り、一人で敵に挑んだりしないでしょう。一人で挑むのなら、モンハンに近い難易度になると思います。

それでも、MHFやモンハン2(PS2版)のことを考えると、討伐に45分かかったりするわけで。ゴッドイーターは基本的に、制限時間30分なので、「モンハンよりサッくり倒せるじゃん」って思うかもしれません。

アクション面

モンハンとゴッドイーターを、ハッキリと分けているのが、「ジャンプ」があることだと思います。

モンハンで言う回避行動が、ステップにあたりますが、ジャンプは出きない。空中で技を繰り出すことが出来るんです。これだけで、ゴッドイーターがスピードアクションたる面で、モンハンを凌駕してると思えます。

制限時間30分というのも、このスピード感を出すためと考えると納得がいきます。

画質

僕が一番、気にした点です。

画質がモンハンにくらべて、どうにも荒い気がしたんですよ。まぁ、動きが激しいなら、開発面から考えて、画像ファイルをなるべく軽いものにしなければ、動作に遅延をきたしますからね。

実際ゴッドイーターをやってみて、その問題はほぼありませんでした。

多少の違和感のあるシーンはいくつかありましたが、そこはモンハンにしてみても同じであってね。許容範囲内です。

キャラメイク

ここは、ダントツでモンハンですね。

キャラメイクは、パーツの多さがキモになるわけですが、モンハンの方が勝ってます。昔に比べれば、キャラメイク出来る自体が、素晴らしいと思ってるんですが。

キャラメイク出来るゲームも増えたというか、主にファンタシースターオンラインがやらかしてくれたので、ハードルがぐっと上がったものかと。

僕は、GCでPSOをプレイしてたんですが、ゴッドイーターはもちろん、モンハンよりも優れてます。特に、ボイスピッチを変えれることによって、声のバリエーションも豊かになりました。

この声が、見た目と合ってないと嫌な僕は、とても不満を感じました。が、それはオマケみたいなものなんでね。アクションゲームとして、損なう点ではありません。

それとコスチュームだけは、いろいろ作れる様になりますので、まぁ「酷いわけではないかなぁ〜」ってところ。

モンハンと似ているところ

パッと見で目に付くのは、「4人でパーティー」というところかと思います。

てか、モンハンが発売された時も、「ファンタシースターオンラインのパクりじゃん」って話題になりましたが。ここも、4人プレイってところが半分ぐらい、あるのではないですかね。

こないだ、ファンタシースターポータブル2が出たときも、「モンハンのパクり」だと言われましたが、それは間違いです。モンハンがパクりって言われてたんですよ、もともとは。

他、3Dアクションであるとか、銃形態がボウガンっぽいとか、大型モンスターを1対1で狩る的な部分とか。

確かに似てます。
似てますが、それだけです。

モンハンの人気が揺らぐことは、無いと思います。
何故なら、モンハンの新作が出たら、僕は買おうと思うから。

まぁ、ゴッドイーターの続編が出ても、検討するぐらいには面白かったのは確かです。

マルチプレイ

モンハンもゴッドイーターも同じです。

というのも、システムではなく、マルチプレイをした時の難易度についてです。

モンハンって、4人でフルぼっこにすると、5分とか、10分以内で討伐完了しちゃうじゃないですか。ゴッドイーターも、敵に多少の補正がかかるとはいえ、そんな感じに近いです。

しいていえば、ゴッドイーターはスピードアクションなんだから、どれだけ華麗に素早く倒せるかを求めるゲームで。

モンハンは、超大型モンスターを制限時間内に確実に倒すゲームで。

どちらも、素材を集めるために、効率を求めてマルチプレイなところは同じですかね〜。

まぁ、4人でやった場合の話をしてしまいましたが。
2人とかだと、結構ギリギリなものはあります。

ここはもう少しネットや、無線LANが普及してくれると、マルチプレイ専用のミッションとか出せるんでしょうけどねー。Xlinkと、PS3のアドホックパーティーに期待を寄せることにしましょう。

やり込み要素

いくつか……もしくはいくつもあるんでしょうが、僕がやり込み要素だと感じたものについて、比較します。

モンハンの最大のやり込みって、武器と防具の作成になると思います。もっと言えば、最強のスキルの組み合わせを見つけるというか。

そのために素材を集めたい→素材を落とす敵を倒すための装備作成→その装備作成のための敵を倒したい→その敵を倒すための装備を作りたい→……

な感じかと。

またレアな装備があるなら、それもとりあえず作っておきたいという。

ゴッドイーターのやり込み要素は、装備の作成にバレットエディットを足したものかと。

バレットエディットでは、銃で撃つ弾を自作出来ますが、実戦向きのバリエーションは限られてきますよね。しかし、見た目重視のものなら、可能性は無限大です。

いわゆる、ネタバレットと呼ばれてますが、十字架風に銃弾が出たり、すげぇー爆発を繰り返す弾だったり、地面から飛び出すものだったり、面白いものが作れます。

あー、もう一つ。

ダウンロードミッションも、やり込み要素になるかもしれません。

何故なら、ゴッドイーターのダウンロードミッションは、オンラインゲームの様に、全く新しい敵を創りだすことが可能だからです。

PSPのモンハンって、結局ミラルーツあたりで落ち着きましたよね。これって、UMDに他のモンスターデータが入ってないからでね。新しいモンスターを出せないんです。

ゴッドイーターでは、やろうと思えば、UMDに入ってない敵を創りだすことが出来るらしいのです。

メモリーカードに敵のデータを保存することで、ゲーム内で呼び出せる。そういう機能です。

これを活かしてくれるなら、ダウンロードミッション自体がやり込み要素となってくれることでしょう。

面白さの比較

僕は別に、モンスターハンターシリーズが、人生最高のゲームだとは思ってない人です。でも、モンハンは大好きです。

なので、信者じみた視点から外れてものをいいます。

比較は出来ません。

確かに、モンハンとゴッドイーターは似てるところもありました。

が、「パクる」という言葉の意味を、「全くソックリだ」というならば、パクりではありません。

僕は、本当の意味でパクられてるゲームを見たことがあります。それは、裁判を起こしてもいいぐらい似ていると感じました。

ゴッドイーターとモンハンに関しては、別にパクりというか、「似てたよ。」という一言でかたがつきます。

というか、似てるからこそ、モンハンを楽しめた人にも、ある程度は「楽しめるんじゃないかなぁ〜」って思います。

あとね、ゴッドイーターが、モンハンより先に出てても、僕はモンハンを購入したでしょう。結局、どっちも楽しんじゃないかという。

ただ、私はね、

アクションゲームの文句は、ファミコンの魔界村をクリアしてから言え!

と言わせて頂きますがねw
何故2周しなければいかないのくぁ!?ww

Amazonでゴッドイーターを検索

Amazonでモンスターハンターシリーズを検索





posted by ありす | ゴッドイーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。