サーバーまわりのこと

Vista高速化の覚書

メモリ使用率980MB近くだったものが、800MBまでに落ちつかせることができた。

不要なサービスとプログラムの停止が主で、メモリ使用率を低下させることが重要。常駐ソフトを減らすこと以外の方法を、具体的なやり方と共に以下に記載。



実際に行ったVista高速化の概要

▼検索インデックスの作成を無効
・ハードディスク ドライブのプロパティで[検索を速くするため、このドライブにインデックスを付ける]のチェックをはずします。
・コンパネ→インデックスのオプション
チェックはずす

▼Windows Defenderを無効
・コンパネ→Windows Defender
チェックをはずす

▼デフラグのスケジュールを無効
アクセサリ→システムツール→ディスクデフラグツール

▼UACを無効
・コンパネ→ユーザーアカウント
→ユーザーアカウント制御の有効化または無効化
チェックはずす

▼余計なWindowsの機能を無効
・windowsの機能の有効化または無効化より
インデックスサービス
RDC
TabletPCオプションコンポーネント
WindowsDFSレプリケーションサービス
WindowsFAXとスキャン
Windowsミーティングサービス

▼Aeroの無効化
デスクトップ右クリック→個人設定→ウィンドウの色とデザイン
ウィンドウズAero以外のものを選択。
Vistaベーシック等。

▼視聴覚効果をパフォーマンス優先に。
マイコンのプロパティより、システム詳細設定。

▼サイドバーを切る
・コンパネからサイドバー

▼Windowsの休止状態を無効化(Hiberfil.sysの消去)
・コンパネ→電源オプション→プラン設定の変更→詳細な電源設定の変更
「スリープ」をオープン、「次の時間が経過後休止状態にする」という項目の値を0に。
ハイブリッドスリープもオフに。
Hiberfil.sysを削除

▼Pagefile.syxの縮小
・コンパネ→システム→システム詳細
詳細設定→パフォーマンスの設定→詳細設定→仮想メモリの変更
カスタム→最大値と最小値を変更

▼不要なサービスの無効化
・管理ツール→サービスより
OfflineFiles
TabletPCinputService
TerminalServices
WindowsSearch
Fax
Superfetchも。
Security Center
Remote registry
Office source engine

▼プロセッサが2コア以上の場合、もっと速くできる。
Windowsキー+r
msconfigと入力。
ブートタブより、詳細オプション。
プロセッサの数をチェックし、コア数をプルダウンで選択。



posted by ありす | Comment(0) | パソコンの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。